割り切り出会いアプリに走る「女性」

割り切り出会いアプリに走る「女性」のパターン

割り切りとは、わりきり。
大人の割り切った関係を表す「割り切り」が、時代と共に変わりつつあるようですよ。

女性が、積極的に割り切りで時間を過ごす、楽しむ。女性の大人社会への進出が当たり前になった現在、

一般の素人女性が大人の関係求めて大量に出会い系サイトや出会いアプリに集まってきている

ようです。

理由としては、
1990年までの10年以上のバブル経済、その後、バブルがはじけてしまって2000年就職大氷河期、そして、今。
いつまでたっても良くならない景気。
大不況。
お金持ちは好況。
庶民の私たちはずっと不況。
おかげで生活が苦しい家計。赤字続きの貧乏な家庭が続出してます。

日本人は我慢強い民族で、自然環境がきびしいのになれているからなのでしょう。とりあえずうまく、適応しています。しかし、それも限界へ。お金がない。生活が回らない。

お金がない人(女性)のパターンはまず、
結婚して家庭をもったはいいものの、住宅ローンも返せず、家計が火の車になっている主婦。住宅ローンの返済するために、22歳から30歳前後の若い主婦層が、割り切り系出会いサイトアプリへと出動しているようですよ。

そして、最近もニュースになっていたけれど、学校の先生がブランドもの等の買い物にはまりまくって借金が膨大な金額になってしまって、給料だけでは返せなくなりやむなく・・・・、割り切りってパターン。自業自得パターン。こうゆう女性は、まだ若く、19歳程度から26.7歳ぐらいまでの女子が多いようです。いちばん割り切って関係するパターンの女性です。

そして、20代の女性、女子大生大学生や専門学校生まで奨学金払えないとか生活に困って、家賃や食事代が払えなくて割り切りへ。出会い系へ。 ネットで出逢いを探してパパしてくれる人探しへ。

そして昨今では、とうとうお金があるけど、割り切りするパターン。
どこかの女性警察官なんて公務員だし給料安定しまくっているけど、割り切りしてますし、
某県知事と東京の女子大生の女性も、それほどお金に困っているわけではないけどパパ活してますし、、、お金がない悲壮感漂う大人の関係ではなく新しい女性のパターン「金銭のみ」を目的としていない、セックス好き、遊びで、、、という女性が爆発的に増えてきているのが現在でしょう。

まとめると、
1.割り切った大人の出会い希望の女性は、金銭に困っている(家賃払えない、スマホ代ない、借金返済)女性の出会いアプリ進出が大部分。
そして、
2.女子大生や専門学校生、公務員も含めてお金に困ってないけど、セックスしたいし、気持ちいいし、お金もくれるし、最高じゃん!的女性の出会い系サイト進出。
こんな感じの大人出会いにおけます女性の傾向です。

さあ、とにもかくにも、スマホ1台と少しのお金があれば世の男性陣にとっては最高の時代がやってきていることを十分認識して、うまく出会いアプリや出会い系サイトを利用することをオススメしますね。。。

もう一度言いますが、大人の割り切り関係作りには、最高の時代です!(女性も・・・)

オトナの関係作りに最適な出会い系アプリサイトへ